索引-フ

フロッキー

  • フロッキープリントはフロック加工もしくは植毛とも呼ばれる加工です。
  • 元来フロッキーはシルクスクリーン等で生地に接着剤となる樹脂を印刷し、その樹脂層にパウダー状に短くカットされたレーヨンやナイロン、もしくはポリエステルの繊維を振りかけて加工していました。吹きかける際は繊維を帯電させ、樹脂層に対して繊維を垂直に配列させることが可能です。仕上がりはフェルトやベルベットに似通った外観です。この手法は直植毛、電着植毛、ダイレクトフロッキー等と呼ばれています。現在主流となっている転写フロッキーと比べるとよりソフトでかつ肉厚な雰囲気があります。毛足の長い長毛と呼ばれるバリエーションもあり、魅力的な加工方法です。ただ、伝統的ともいえる手法は作業環境が劣悪である等の理由で近年は加工場が激減しています。弊社においてもこの手法を取ることは現在、非常に稀です。
  • 代替の手法として転写フロッキーと呼ばれている方法があり、現在これが主流となっています。シルクで樹脂層をプリントすることは同じですが、繊維を直接振り掛けるのでは無くあらかじめ紙に植毛されたフロックペイパーを使用します。シルクで印刷する樹脂は熱で溶解するタイプのものを使用し、これにフロックペイパーをあてがい熱圧着することにより繊維を樹脂層に転写します。
  • フロッックペイパーにはあらかじめ着色された繊維が接着されています。シルクプリント色見本に3種類のフロッキー色見本を掲載しています。フロッキーカラーはこの中から自由に選択することが可能です。
  • 植毛の長さは0.5mm0と1.0mmの2種類がありますが、1.0mmのほうが迫力があり、お勧めです。
  • フロッキーを使用したコレクションはこちらでご確認いただけます

用語と技術解説トップへ


オリジナルTシャツプリントホーム特定商取引法に基づく表記個人情報会社概要サイトマップ