索引-ラ

ラバープリント

  • 顔料プリントや染料プリントといったしみこみ系ではなく、生地の上にゴム状の樹脂をプリントします。ある程度の厚みと伸びがあります。樹脂の種類によってアクリル、ウレタン、塩ビ等の区別があります.。
    日本では一般的にアクリルの水性ラバーが多く使用されています。巷で目にするプリント製品のほとんどがこの水性ラバーです。
    塩ビのラバーインクはアメリカでは一般的にに使用されており通称プラスティゾルと呼んでいます。アメリカンラバーとよばれているのも同じものです。プラスティゾルは熱重合型の樹脂ですので乾燥による目詰まりを起こしません。写真系プリントの網点に向いています。また分厚くプリントするとコッテリした艶ありの堅牢な皮膜を形成します。
    弊社では水性油性ともに扱っており、目的によって水性、油性を使い分けています。

用語と技術解説トップへ


オリジナルTシャツプリントホーム特定商取引法に基づく表記個人情報会社概要サイトマップ